月別: 2月 2017

掲示板で紹介されているお金を借りる方法とは

掲示板は個人が自由に意見を書き込める場所として人気を集めていますが、お金に関する情報を調べたいときにも便利に活用できます。実際に借り入れをしている方の口コミや、お金を借りる方法などさまざまな情報が載っているので、借り入れを検討している方は目を通しておくといいでしょう。

お金を借りたいと思ったら、どこから借り入れができるかを確認してみましょう。銀行や消費者金融業者などが利用できますが、どちらにもメリットとデメリットがあるので自分に合った方を選ぶことがポイントになります。(キャッシング比較で検索!

銀行の場合は消費者金融業者と比べて若干金利が低いというメリットがあります。もちろん銀行ですから安心感も違うでしょう。ただ申込をしてから審査を受け、実際に融資を受けるまでに時間がかかる点や、審査が厳しいという点はデメリットに感じる方もいるはずです。

一方の消費者金融業者ですがメリットは審査がスピーディーに行われるため即日融資が可能なことです。デメリットは銀行よりも金利が高いことですが、条件によっては有利に借り入れができる場合もあるので申込手続きを行う際に比較することをおすすめします。

掲示板には借りたお金の返し方で困っている方の意見も書かれているため、自分がお金を借りる前により多くの情報を入手しておいた方が安心です。色々な意見を参考にして賢くお金を借りるといいでしょう。急な出費が続いて今すぐにでもお金を借りたいというときは、インターネットからでも気軽に申込ができる消費者金融業者がおすすめです。ホームページには申込の専用フォームが用意されており、必要事項を入力するだけで簡単に申し込めるようになっています。氏名や生年月日、連絡先などの個人情報の他に、勤務先の名前や住所、勤務形態など細かい情報まで入力しますが、他の消費者金融業者からも借り入れがある場合は件数と総額を知らせることになります。パートやアルバイトなどの勤務形態でも安定した収入があれば申込は可能です

借入金の可能額は増額できる?

借入金の可能額は、審査のときに決定します。年収や返済能力によって左右されるのですが、これは一度決まってしまうと絶対に変えられないものではありません
例えば、消費者金融の利用限度額を30万円から50万円にアップして、より多くの借入金を得られる可能性があるということです。可能額が高くなれば、今すぐに使うわけではなくても、万が一の時に安心感あります。また、限度額が上がると適用金利が低くなる可能性があります。

どの限度額でこの金利というのははっきりわかりませんが、例えば銀行カードローンだと10万円以上100万円未満で年14.0%、300万円以上400万円未満で年7.0%という感じで利用限度額によって金利が変動します。これは借入額に関わらず適用される金利なので、同じ借入額でも支払う利息を低くできる可能性があります。また、借入可能額が増えれば多重債務を避けることもできます。1社だけで借入したい金額に届かなかった場合、2社目、3社目と、他の金融機関に多重債務しなければいけなくなる場合があります。多重債務は2社程度であればあまり問題ありませんが、4社以上になるとカードローンやクレジットカードの審査の時に要注意人物としてチェックされることがあります。すると審査にも通りにくくなります。増額すれば1社だけで借入が済み、多重債務を避けることができるので信用情報に傷がつきにくいです。ただし、借入可能額を増やすのは簡単ではありません。長くその金融機関を利用して信用を築き、増額してもいい人物かどうか判断してもらう必要があるからです。よく利用してくれて、ちゃんと返済もしてくれている人であれば、より多くのお金を貸してもいいという判断がくだるというわけです。なので、返済する時には一括返済する、延滞などは絶対にしない、利用回数が多いお得意様、というような人物である必要があります。返済能力があることをアピールするのがポイントです。

学生でもお金を借りることは可能か

社会人のような信用のない学生でもお金を借りることはできるのでしょうか。学生でも、例えばアルバイトを一定時期しっかりと続けていて、ひと月の収入がある程度の額を超えている若者であれば借りることは可能です。大手ローン会社ではいわゆる学生ローンというサービスを提供しています。審査基準を満たしている場合に、このローンを組むことができるのです。

今の時代、学生でも何かとまとまったお金が必要になることがあります。車の運転免許を取得するためだったり、何かの資格を取得するための費用だったり、あるいは友人と卒業旅行に行ったりするケースなどです。そのような場合、まずは親に借りるという選択肢を考える学生も多いでしょう。しかしながら、この不景気のご時世では、何かと金銭的な面は親子どうしても相談しにくい話題であることは間違いありません。ましてや、友人などにお金の相談をすることは、友人関係にひびを入れてしまうこともあり、好ましいことではありません。できれば避けたいと考える方がほとんどでしょう。そのような場合に、それらを気にせずに申し込めるのが学生ローンなのです。

ただし注意しなければならないことは、ローンという性質上、必ず利息を払う必要があるということです。利息に関しては、社会人にとっては特別なものではありません、しかし社会経験のない学生にとっては、この利息が抱えるリスクに関して、まだまだ意識が低い人も多いのです。結果的に月々の返済が滞り、学生でありながら破産してしまうケースも見られます。お金を借りる必要がなければそれにこしたことはありませんが、どうしてもお金の借り入れが必要という場合は、あらかじめ事前によく調べてみることをお勧めいたします。またローン会社もたくさんあり、ローンの種類も様々なタイプがありますので、どの会社が一番自分の返済スタイルに合っているのかもしっかりと確認しておくことが重要と言えるでしょう。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén