月別: 1月 2017

借入金利っていったい何?

借入金利とは、借り入れた元金、つまり利子を含まない、直接貸したり借りたりしたそのままのお金に対する支払利息の割合のことをいいます。つまり、ローンの金利ですね。その名の通り、ローン金利とも呼ばれます。金利というのは、お金のレンタル料がいくらか、というのを表しているものです。そして、パーセンテージで示されます。これは金利や利率だと、何パーセント、何割、といった割合で表されるのですが、利子や利息といった言葉になると、何円、といった具体的な金額の単位で表現されます。つまり、利子が何円か?というのを計算したいときには、元金に借入金利のパーセントをかけたものを算出すれば、いくらの利子を払わなければならないのか、ということを知ることができるというわけです。

借入金利とはどれほど重要なのでしょうか。消費者金融によるグレーゾーン金利が改正されて、借入金利が見直されたことで、カードローンやキャッシュカードが利用しやすくなりました。今までは、出資法の上限金利である29.2パーセントというとても高い借入金利も認められてしまっていました。つまり、100万円を借りたら29万2千円も利子を払わないといけなかったのです。それが、現在では上限が20パーセントまで抑えられ、グレーゾーンが撤廃されました。その結果、消費者金融の金利は、利息制限法の水準である15パーセントから20パーセントとなりました。その借入金利はどうやって決まるのかというと、いくら借りたのか、という金額で決定されます。10万円までならば最高金利の20パーセントで、10万円から100万円で18パーセント、100万円以上で15パーセント、という風に、上限が決められています。借りる金額が少なければ少ないほど、借入金利は高くなっていくということですね。これが消費者金融ではなく、銀行のキャッシングやカードローンを利用しようとすると、借入金利は低くなる傾向にあります。特に、上限の利率は13.8パーセントから14.6パーセント程で借入することができます。しかし、その分審査が厳しく、時間や手間がかかってしまいます。

キャッシングの更新が継続になるかに関わる2つのポイント

私たちが何かを借りるとなると、たまに更新の手続きが発生します。いわゆる住宅などを借りている時などは、たいていその手続きがあるのです。 住宅の場合は、1年目に手続きが行われる事が多いです。借りてから1年が経過したタイミングで、不動産会社から連絡が来ることがほとんどですね。引き続き借りるか否かを、その電話で回答をする事になるのです。もちろん双方が同意した時には、住居に継続居住できる事になります。

ところでキャッシングにも、そのような更新の手続きがあるのですね。意外とそれは大きなポイントになりますので、気をつけた方が良いでしょう。 その商品の更新の場合は、やはり利用実績が見られる事になります。まず気をつけた方が良いのは、その実績がゼロの方々ですね。

金融会社がどのように利益を得ているかと言われれば、もちろん手数料でしょう。借りている回数が多い方々の場合は、金融会社にとっては優良顧客とも言えるのですね。もっとも借りすぎも禁物なのですが。 他にも基準があって、遅れが生じているか否かです。当然ですが、融資関連の商品には期日が決まっています。所定の日までに返すことができているかどうかは、やはり重視される傾向があります

それで前述の更新なのですが、遅れが生じてしまっている方の場合は、その段階で落とされる事があるのです。つまり更新がお断りという事になります。もちろんその場合は、カードの継続利用が難しくなってしまうのですね。

ですのでキャッシングを利用しようと思うのであれば、少なくとも遅延が発生しないよう気をつけた方が良いでしょう。そして利用回数をゼロにしないようにするのも大切です。少なくともその2点だけは、心がけておく方が良いと思います。
逆に実績が優良な方々の場合は、更新手続きの際に手数料の優遇が発生する事もあります。このためキャッシング利用者の方々は、実績を優秀にしようと頑張っている事も多いですね。

新入社員の方々は家族と同居していると借りやすい

金融会社の審査の基準には、色々あります。その中でも勤めている年数などは、重要度は比較的高めです。長く勤めている方が、やはり有利な傾向があります。
例えばAさんの場合は、勤めている年数が1年未満だとしましょう。そしてBさんの場合は、すでに10年以上1つの会社で勤めているとします。AさんとBさんを比べれば、もちろんBさんの方が有利になる事が多いのですね。金融会社としては、安定性を重視しているものだからです

ところで人々の中には、新入社員の方もいらっしゃるでしょう。上記のような話を聞くと、新入社員の場合はちょっと難しいように聞こえるかもしれません。
実際確かに、状況によっては難しくなる傾向はあります。逆にその状況を変えてあげれば、借りる事ができる確率を高めるのが可能なのですね。その1つが同居状態です。

人々の中には、ご家族と同居している方も見られます。一人暮らしをしている方だけではありませんね。この同居人の存在が、極めて大切なのです。 というのも同居している方々の場合、金融会社としては一緒に住んでいる方々の状況を確認している傾向があります。つまり一緒に住んでいる方々の安定度は高いと見なした場合は、比較的高い確率で借りれるのですね。

例えば同居している方々の勤めている年数が、すでに10年を経過しているとします。さらに同居人と一緒にマイホームに居住しているとしましょう。その場合は、新入社員でも借りる事ができる確率は高めになるのですね。

ところが新入社員の方が一人暮らしの場合はまた話は別になります。あくまでもその方の単独のステータスが見られる事になるので、ちょっと難しくなる事も多いのですね。まして一人暮らしの新入社員となると、マイホームではなく賃貸に居住している事も多いのですから、ちょっと確率は低めになります
ですので新入社員がキャッシングを利用しようと思うのであれば、あえてご家族と同居しておくのも一法でしょう。それだけでも借りる事ができる確率が大きく高まりますので、検討する価値があると思います。

法人が公的機関でなくキャッシングで資金を調達するメリット

法人の方々は、しばしば資金調達をしています。調達をする理由も色々ありますが、大抵は運転資金ですね。会社を経営するにも色々なお金がかかりますので、それをどこかの機関から調達しているケースも珍しくありません。

ところで法人が資金調達をするとなると、いわゆる公的機関を利用するケースが多いです。一部の公的機関では、地域の事業主に対する貸し出しサービスを提供しているのですね。自治体で事業を行おうと考えている方々の為に、事業融資が行われている訳です。 確かにそれも1つの方法ではあります。しかし残念ながら公共機関から借りるとなると、デメリットもあるのですね。その1つがスピードです

公的機関から借りるとなると、ちょっと時間を要する傾向があります。少なくとも即日で事業を資金を捻出できる訳ではありません。数日ほどかかってしまうケースが多いのですね。
しかし事業を行っている法人としては、スピードを求めているケースも多々あります。お得意先との兼ね合いなどがあって、一刻も早く運転資金を確保したいと思っている法人も多いのです。

このため一部の法人では、キャッシングを利用している事もあります。その融資商品のメリットですが、上記の公的機関に比べると、スピーディーなのですね。最近は銀行などでも、即日で借りれるケースも珍しくありません。まして賃金業者ともなると、さらにスピーディーな傾向があります。

ちなみに公的機関から借りる場合は、手数料は低めになる事が多いです。少なくとも賃金業者と比べると、かなり手数料が低めに設定されているのですが、それでも多くの法人はキャッシングで借りる事が多いのですね。法人によっては手数料の高低よりも、スピードを求めている事も多々あるからです。

つまりそのスピードが、この融資商品のメリットの1つと言えるでしょう。急いで運転資金を確保したいと思うのであれば、賃金業者から借りる事を検討してみるのも一法ですね。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén